活動報告~これまでの取り組み~

大泉学園駅北口再開発事業

都市計画原案決定

大泉学園駅北口再開発事業大泉学園駅北口地区では、バス、タクシー乗り場の分散、放置自転車や狭い歩道による歩行者の不便と交通混雑が生じております。

交通混雑解消と、買い物客流出を食い止める商業活力の課題に対応し、北口地区をより魅力のあるまちにしていくために、地区計画や市街地再開発事業などの導入を目指した検討を進めています。その原案がまとまりました。

地上26階建、商業施設・公共施設・図書の貸出し窓口・地下駐輪場の確保や駅前広場の確保、地区の観光資源である「東映アニメーション」へのアクセス道路を「アニメ軸」と位置づけ、にぎわいの創出と、安全、快適な歩行環境を維持していきます。

来年度の都市計画決定・事業認可・平成24年度着工、26年度完成を目指します。

1日1000台と言われるバスの発着台数、バス、タクシー乗り場の分散等の対策、アニメを活用した駅周辺の新しい街づくりを推進してきました。27年4月完成しました。

関越高速道路の広大な高架下有効活用の促進

区議会議員当選以来、関越高速道路高架下の有効活用を促進してまいりました。

関越自動車道路の練馬区部分は3キロメートル以上もあります。高架下は区内に存在する貴重な資源であり広大な空間でもあります。有効活用促進の要望に対して練馬区は貴重な空間を地元住民や区全体にとって必要な施設など幅広い視点から検討をする考えを示されました。

関越高速道路の広大な高架下有効活用の促進

昨年9月26日日本高速道路保有・債務返済機構から占用許可を取得し、新しい街づくりに着手しました。

特に高齢者の健康増進、レクレーション施設の整備要望を行いました。施設内容については、浴室、図書コーナー、パソコンコーナー、娯楽室、介護予防の観点からトレーイニングルーム、集会室、喫茶スペース等も整備します。

あわせて、生活相談や健康相談に応じられるスペースを設け、専門的知識や経験を有す職員を確保し(仮称)大泉高齢者センターの整備を行います。

また、環境の学習の場リサイクルセンター、地域交流施設、スポーツ施設、倉庫を整備しネットフェンスで囲まれた暗いイメージを払拭し一キロに渡って明るい街を構築します。

29年度整備完成をめざしています。

 

大江戸線延伸構想 ~未来へつなぐ道プロジェクト~

大江戸線延伸構想 ~未来へつなぐ道プロジェクト~地下鉄大江戸線の延伸には230号線の事業認可(免許)を取らなければなりません。自民党政権から民主党政権に変わり、地下鉄延伸問題も大きく環境が変化し、不透明になりました。このことを踏まえ、延伸を抱える区議会議員が東京都に早期に取得するよう要請して参りました。要請活動が実り、大泉学園町通り迄の事業認可の決定を22年度に受けた次第です。

残った大きな課題は、地下鉄の免許取得に向け、我々議員、練馬区、東京都そして地域の力を結集して、全力で取り組んで参ります。

詳細はこちらから

外環道練馬・世田谷間 建設予定地の追加「道路区域指定」へ

国土交通省では、平成21年5月に事業に着手した東京外郭環状道路(関越~東名)約16分 について、同年12月に開催した「事業の概要及び測量などの実施に関する説明会」に基づき現地調査や設計などを進めているところです。

加えて、今年度は、生活再建などの観点から、緊急性の高い案件の用地買収などに対応することとしており、そのために必要な措置として、段階的に道路区域を決定することとしています。

外環道練馬・世田谷間 建設予定地の追加「道路区域指定」へ東京外郭環状道路(外環)の一部計約13ヘクタールについて、道路法に基づく「道路区域」に指定する方針を決めた。

対象は、大泉ジャンクション(練馬区)と中央ジャンクション(三鷹市など)の予定地の一部。道路建設を前提とした「道路区域」に指定されると、地権者は開発が制限される一方、用地の売却益には、最大5,000万円まで非課税の利点がある。

外環道建設を巡っては、政権交代後に事業が宙に浮く中、地権者から早期の用地買い取りを求める声も高まっていた。国は今年度予算で用地買収費などとして約58億円を計上。今後、用地取得が本格化する見込み。

東名高速道路まで16分で行ける利便性と経済効果のある外かん道2020年オリンピック、パラリンピックまで開通予定

練馬区立もみじ山公園

練馬区立もみじ山公園練馬区議会議員として登庁以来推進して来ましたもみじ山憩いの森が、いよいよもみじ山公園として、外環ふたかけ部分を取得し、広大な公園として開園することになりました。
更なる広大な公園として促進を要請しております。今後共皆様の声を反映させてまいります。

詳細はこちらから

練馬高野台~保谷駅までの開かずの踏み切り除去対策

地域の交通渋滞解消に、開かずの踏み切り対策に立体高架事業を進めて来ました。練馬高野台~大泉高校まで27年3月23日に実現、保谷駅まで引き続き取り組んでまいります。